BTOは家電量販店のPCでは実現できない

人それぞれでPCの使い方なんて変わるし、ゲーミングや自作、BTOとかしないのであれば構成をメモ書き程度に覚えてれば無問題だ。初めてのPCも自作で失敗したら悲惨なことになりそうだったからBTOで組んだんだよな。BTOでノートパソコン注文した。ざっとスペックは17インチ、Win7、メモリ8G、i5、SSD240GB。10万也。まぁ親のだけど。10万以内くらいでお任せ、って言われたからだいぶ上等な構成にした。新しい高性能のパソコンが欲しいと思ったんだけど自作する技術がないから自分好みにカスタマイズしてくれる業者(BTO)に頼もうってなってクリエイター向けに調子乗って付加価値つけすぎて見積りが20万円越したというお話。BTOのサイトで欲張ってカスタマイズしてて20万円越えたからPC買うのは大分先の話になりそう。絵を描く、編集するための性能を要求するPCになると、結構なお値段のBTO(専門店組み立て済み)PCですが、艦これ程度であれば、ドスパラなどで消費税を入れても2万少しのタブレットはでてる。対応周辺機器を含めると、やっぱりお金はかかるけど。

地元の友人たちにLINEでパソコン何がいいの?って聞いてみたりしたけど、もう所詮iPhoneいじれる程度のレベルのやつは店員さんと上手いこ話して買うしかないな、って思った。BTOとかオススメされたけど、その三文字を始めて聞いた自分はちゃんと出来る自信がなかった。自作のデメリット。全く同じ構成だとBTOのほうが若干安い可能性。自作er=PC何でも詳しいとか思われがち。さっさとMacOS自作マシンで使えるようにしろ。今時安く高スペPC手に入れたいならBTOでしょ。やっぱ自分だけのPC作れるとこだよなコスパ良い構成聞いてハイ終わり君はBTOでもなんら問題無い。安いパーツで組めば安価に自作できるけど。自作の本当の魅力はBTOや家電量販店のPCでは実現できない、高品質なPCを組めると言う事だと思う。

Comments are currently closed.